就職浪人中にバイトをして就活の費用を貯めておこう

新卒者の就職事情が厳しい昨今、就職浪人を選ぶ人も少なくありません。
就職まであえて1年間待つことを選ぶ事情はさまざまです。
内定をひとつももらえなかった、どうしても入社したい会社があったなどが代表的な理由でしょう。
就職浪人にとって、次の就職活動までの数ヶ月間は暇な時間ではありません。
面接失敗の反省をしつつ、次の活動のための資金をバイトで貯めておく必要があります。
地方在住者にとっては、面接地までの交通資金の確保も大切です。
浪人中の活動について、面接官が尋ねることも十分にありえます。
意欲のあるところをアピールするためにも、仕事に生かせるようなバイトをしていたと答えましょう。
作り事でない、経験に裏打ちされた話をすることができれば、バイト体験であっても面接官は評価してくれるはずです。